ゴーストリプレイの販売は終了しました。 理由は不明ですが、チート行為自体終息を向かえるかもしれませんね。

チートツールの教科書のネットゲーム攻略ページは新しい切り口が見つかり次第ドンドン記事を追加していくんで、お気に入りにでも入れておいてください(ΦωΦ)b

※ここの記事の著作権ははすべてブログ管理者にあります。無断転載禁止です。

ゴーストリプレイは販売終了になりました。

レッドストーン攻略チート  新スクリプト公開

チートツールの教科書

今回はレッドストーンの攻略と題して、新しい設定の公開をします。


使うツールはゴーストリプレイUltimate Developerです。


以前はインターナルに連絡すると、パッシブアタッチにしろとかUTを使えとか言われて
わけわかんないという人もいんじゃないでしょうか?
ちょっとゲームに特化した設定が必要だったんですが、ゴーストリプレイがパワーアップして
今は普通どおりのやり方で起動できるようになりました。

ゴーストリプレイを起動して下のスクリプトをコピーして登録。
ゴーストリプレイ内のレッドストーンのアイコンをダブルクリックするとゲームが
起動し、狩りマクロや加速などが使えるようになります。

//9Enterの順番でゲーム中にキーを押せば加速するのでやってみましょうw




#ADD_APPLICATION_BEGIN
object TARApplication
  AttachDelay = 0
  AutoClickRate = 20
  AutoFireRate = 20
  AutoTerminateTimeShift = 0
  APIOverrideOption = aoStealth
  APISpyOptions = []
  BackgroundColor = 15658734
  Build = 2
  COMOverrideOption = coStealth
  DefaultKeyDownDuration = 0
  DefaultMouseDownDuration = 100
  DeviceOptions = [doMouse, doKeyboard]
  DisplayOptions = []
  DirectInputOptions = [diQueue]
  ExcludeModuleExpr = 'gameguard\.des|gamemon\.des'
  GraphicsOptions.GDIOptions = []
  GraphicsOptions.CursorDevice = [cdMouseMove, cdSetCursorPos]
  GraphicsOptions.CrossHairColor = 0
  GraphicsOptions.DirectXOptions = []
  GraphicsOptions.DirectXVersion = 8
  GraphicsOptions.DirectInputClientToScreenX = 0
  GraphicsOptions.DirectInputClientToScreenY = 0
  GraphicsOptions.FSAASamples = 4
  GraphicsOptions.GameType = gtMMORPG
  GraphicsOptions.GraphicsAPI = apiDirectX
  GraphicsOptions.MoveWindowInterval = 1
  GraphicsOptions.RGBExcludeDuration = 10
  GraphicsOptions.RGBExcludeRadius = 10
  GraphicsOptions.ScanDevice = rsdGDIActiveWindow
  GraphicsOptions.ScanOptions = [roUseBackBuffer]
  GraphicsOptions.WindowAlpha = 0
  GraphicsOptions.WindowPositionTop = 0
  GraphicsOptions.WindowPositionLeft = 0
  GraphicsOptions.WindowPositionRight = 639
  GraphicsOptions.WindowPositionBottom = 479
  Guid = '{3DB4E6CE-B8B0-4C70-852A-1D4B3EEE4DD6}'
  HackShield = 'nProtect'
  InitialSpeed = 1.000000000000000000
  Injector = ijMad
  JoystickActionMap =
    '0102030405060708090A0B0C0D0E0F101112131415161718191A1B1C1D1E1F20' +
    '2122232425262728292A2B2C2D2E2F303132333435363738393A3B3C3D3E3F40' +
    '4142434445464748494A4B4C4D4E4F50'
  JoystickAcceleratorButton = 0
  JoystickPixelPerSecond = 400
  JoystickPrimaryAxis = 0
  JoystickPressKeyAxis = 0
  Joystick2Keyboard = keDefault
  KeyboardEmulation = keScanCode
  KernelSettings.CodeComponents = []
  KernelSettings.DLLActionLoader = dlDefault
  KernelSettings.DLLCoreLoader = dlInternalMap
  KernelSettings.DLLJoystickLoader = dlInternalMap
  KernelSettings.DLLUltimate3dLoader = dlDisabled
  KernelSettings.DLLUTLoader = dlInternalMap
  KernelSettings.DLLKernelLoader = dlInternalMap
  KernelSettings.DLLUDKernelLoader = dlInternalMap
  KernelSettings.DriverModel = dmRestoreCode
  KernelSettings.Options = []
  KernelSettings.StealthSettings = []
  KernelSettings.StealthFilterWaitSec = 4
  KernelSettings.SCEnableTimeHack = 49237
  KernelSettings.Engine = etDefault
  KernelSettings.MainModuleLoader = mmDefault
  KernelSettings.UTSettings.EnableSpeedShortcut = 15
  KernelSettings.UTSettings.EnableTimeShiftShortcut = 0
  KernelSettings.UTSettings.SCSpeed1 = 16496
  KernelSettings.UTSettings.SCSpeed2 = 16497
  KernelSettings.UTSettings.SCSpeed3 = 16498
  KernelSettings.UTSettings.SCSpeed4 = 16499
  KernelSettings.UTSettings.SCTimeShift1 = 16500
  KernelSettings.UTSettings.SCTimeShift2 = 16501
  KernelSettings.UTSettings.SCTimeShift3 = 16502
  KernelSettings.UTSettings.SCTimeShift4 = 16503
  KernelSettings.UTSettings.Speed1 = 1.000000000000000000
  KernelSettings.UTSettings.Speed2 = 1.200000047683716000
  KernelSettings.UTSettings.Speed3 = 1.500000000000000000
  KernelSettings.UTSettings.Speed4 = 2.000000000000000000
  KernelSettings.UTSettings.SpeedDuration1 = 0
  KernelSettings.UTSettings.SpeedDuration2 = 0
  KernelSettings.UTSettings.SpeedDuration3 = 0
  KernelSettings.UTSettings.SpeedDuration4 = 0
  KernelSettings.UTSettings.TimeShift1 = 100
  KernelSettings.UTSettings.TimeShift2 = 200
  KernelSettings.UTSettings.TimeShift3 = 500
  KernelSettings.UTSettings.TimeShift4 = 1000
  Language = 'LANG_JAPANESE'
  LauncherOptions = [loShowQueryResult]
  LaunchType = ltExec
  NetworkOptions = []
  MemoryPatch.Option = mpoSticky
  MessageEmulation = mePost
  MinimumTriggerInterval = 1
  MouseEmulation = meDefault
  Options = [aoAutoTerminate, aoEnableTimeHack, aoHookSubProcess, aoRestoreScancode, aoUseDeviceDriver]
  PassiveAttachTimeShift = 0
  Speeder.AutoEnableCount = 1
  Speeder.AutoEnableThreshold = 1000
  Speeder.Options = [soDisableGLT, soDisableGST]
  Speeder.OverrideOption = aoStealth
  Speeder.Target = stMainModule
  Speeder.TargetAddressBegin = 4194304
  Speeder.TargetAddressEnd = 5242880
  Speeder.Template = #12459#12473#12479#12510#12452#12474
  SubprocessHookLevel = 0
  SystemOptions = []
  TerminateDelay = 0
  Title = 'GOnline.exe'
  Path = 'C:\Program Files\GameON\RED STONE\Launcher.exe'
  UltimateSettings.AutoShotColor = 255
  UltimateSettings.AutoShotType = 0
  UltimateSettings.AmbientColor = 16777215
  UltimateSettings.AutoAimHeight = 20
  UltimateSettings.AutoAimWidth = 20
  UltimateSettings.AutoAimXOffset = 0
  UltimateSettings.AutoAimYOffset = -5
  UltimateSettings.CrossHairAlpha = 255
  UltimateSettings.CrossHairBitmapSizeX = 60
  UltimateSettings.CrossHairBitmapSizeY = 60
  UltimateSettings.CrossHairColor = 255
  UltimateSettings.CrossHairSizeX = 20
  UltimateSettings.CrossHairSizeY = 20
  UltimateSettings.CrossHairOffsetX = 0
  UltimateSettings.CrossHairOffsetY = 0
  UltimateSettings.CrossHairThickness = 2
  UltimateSettings.CrossHairType = 0
  UltimateSettings.DirectInputVersion = 8
  UltimateSettings.DiffuseColor = 16777215
  UltimateSettings.ForceSleep = 0
  UltimateSettings.FOV = 180.000000000000000000
  UltimateSettings.FOVSpeedMs = 200
  UltimateSettings.FOVXScale = 0.500000000000000000
  UltimateSettings.FOVYScale = 0.500000000000000000
  UltimateSettings.FOVXScale1 = 0.500000000000000000
  UltimateSettings.FOVYScale1 = 0.500000000000000000
  UltimateSettings.FOVXScale2 = 0.699999988079071000
  UltimateSettings.FOVYScale2 = 0.699999988079071000
  UltimateSettings.FOVXScale3 = 0.899999976158142100
  UltimateSettings.FOVYScale3 = 0.899999976158142100
  UltimateSettings.FOVXScale4 = 1.200000047683716000
  UltimateSettings.FOVYScale4 = 1.200000047683716000
  UltimateSettings.FOVZoomSpeed = 0.050000000745058060
  UltimateSettings.HotKey.CrossHair = 49219
  UltimateSettings.HotKey.AutoAim = 16449
  UltimateSettings.HotKey.AutoShot = 49235
  UltimateSettings.HotKey.FOVEnable = 1
  UltimateSettings.HotKey.FOVMagnifier = 49238
  UltimateSettings.HotKey.FOVMagnifier2 = 49273
  UltimateSettings.HotKey.FOVMagnifier3 = 49274
  UltimateSettings.HotKey.FOVMagnifier4 = 49275
  UltimateSettings.HotKey.FOVZoomIn = 16505
  UltimateSettings.HotKey.FOVZoomOut = 16506
  UltimateSettings.HotKey.FOVZoomReset = 16507
  UltimateSettings.HotKey.NoTrembling = 32854
  UltimateSettings.HotKey.NoTexture = 49240
  UltimateSettings.HotKey.StableFocus = 16462
  UltimateSettings.HotKey.SkyView = 49232
  UltimateSettings.HotKey.WatchReset = 49274
  UltimateSettings.HotKey.WatchStart = 49275
  UltimateSettings.HotKey.Wallhack = 49239
  UltimateSettings.HotKey.WallhackBuilder = 49218
  UltimateSettings.HotKey.WireFrame = 49222
  UltimateSettings.HotKey.Translucent = 49236
  UltimateSettings.HotKey.DisableFlash = 49223
  UltimateSettings.HotKey.Zoom = 49242
  UltimateSettings.HotKey.Text = 49231
  UltimateSettings.HotKey.UI = 49237
  UltimateSettings.InlineHook = aoDefault
  UltimateSettings.Loader = ulDefault
  UltimateSettings.Options = []
  UltimateSettings.SpecularColor = 16777215
  UltimateSettings.SkyViewHeight = 500.000000000000000000
  UltimateSettings.U3DOptions = [uoStableFocusXAxis, uoStableFocusYAxis]
  UltimateSettings.UIOptions = []
  UltimateSettings.VSZeroStride = 0
  UltimateSettings.WalkThruSpeed = 10.000000000000000000
  UltimateSettings.ZoomSpeed = 1.000000000000000000
  UltimateSettings.ZoomTimeMax = 1000
  Windower.RestoreDisplaySettings = True
  Windower.WaitSec = 3
  Windower.WindowWidth = 800
  Windower.WindowHeight = 600
  Workdir = 'C:\Program Files\GameON\RED STONE\'
  XButtonActionMap = #63731#63731#63731#63731
end
#ADD_APPLICATION_END


設定の詳細は次回掲載します!

お楽しみに〜
posted by メタルスライム at 2010年07月05日 | レッドストーン攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドストーン攻略新加速チート

チートツールの教科書:レッドストーン次世代加速チート


レッドストーンの新しい加速チートのやり方が公開されてたので解説してみたいとおもいます。

今回のチートで使うツールはゴーストリプレイ Ultimate Editionです。
 
レッドストーンの加速チート方法は既に解説しましたが、もう一つ新しい加速チートができたそうです!
具体的には・・・何が違うのかわかりませんがとにかく加速チートができますw
 
 
アプリケーションの設定を開いて
全般の設定で以下のように設定します。
実行ファイル C:\Program Files\GameON\RED STONE\Red Stone.exe
 speedhack01
 
次に、起動の設定で
「自動アタッチ」に設定します。(コレにしないと何故か加速が出来なかった@@)
 
speedhack02
 
ステルス設定では、
上から
 
無効
インターナル(←ここは無効でもいい)
インターナル
 
にします。
speedhack03
 
最後に
Ultimate Timehackでは
チェックボックス全部にチェックを入れます
 
speedhack03
 
 
 
これで、設定は完了です!
 
加速をする時はCtrl+F4なんかを押せば2倍になります!
 
posted by メタルスライム at 2009年08月15日 | レッドストーン攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドストーン攻略 加速チート

今回のチートツールの教科書

ネットゲーム「レッドストーン(RS・RED STONE)」の加速チートです。
ゴーストリプレイのツール機能でも主力の一つです。

早速ゴーストリプレイの加速チート用設定方法を説明します。

まずは、レッドストーンの登録をサポートページのスクリプトでします。

実は、設定はこれだけです。

もう加速ができる設定になっているんですね〜。

ってことで、カスタマイズしちゃってどこの設定が重要かわからない
人のために解説します。

チートツールの設定:
レッドストーンのアイコンを右クリックして、設定を編集>アプリケーションの設定

チェックする場所は以下の2箇所です。

1.速度変更機能
2.速度変更の詳細

重要な部分を赤枠で囲いました。画像をみて設置絵をチェック
してください。


1.速度変更機能:

速度変更機能を有効にするにチェックを入れる

システムTSCにチェックを入れる

RS加速チート設定1


2.速度変更の詳細:

メインモジュール(実行ファイル)にチェックを入れる

RS加速チート設定2


ここまで設定したら、ゴーストリプレイからレッドストーンを起動しゲームを始めます。


加速チートを開始するには以下の方法があります。

1つは、
//数字Enter の順番でキーをおす。
※数字は0〜9の整数のみ対応で//5Enterだと1.5倍
0だと1.0倍(通常時の速度)、8だと1.8倍になりまふ。

 2つ目は、アクションパレットから追加する方法
 アクションパレットの速度変更→アプリ速度変更をダブルクリックして変更する速度を指定します。
SUN攻略 加速器設定04
 加速チートするときは、設定した再生キーを押すだけです。

>>レッドストーンで加速チートを使うツールはこちら<<
posted by メタルスライム at 2008年06月22日 | レッドストーン攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RS攻略用狩りマクロを作成!

第二回の今回も使うチートツールは、

ゴーストリプレイ で対象の攻略するネットゲームは赤石やRSことレッドストーンです。

行うチート内容ですが早速このネトゲ自動狩りマクロの作成にかかりたいと思いますグッド(上向き矢印)

自動狩りのマクロを作る前に最低限必要なのが狩りをするときに行う操作の分析です。

分析と聞くと難しそうですけど、簡単ですよあせあせ(飛び散る汗)

今までしてきていることを思い返してみればいいだけです。

それでは例としてやってみます。

@画面上のモンスターを探します。

A攻撃をする対象のモンスターをクリックします(RSの場合クリック押しっぱなしでモンスターのところまで移動)

B攻撃開始。スキルなどを使う場合はWやQキーなどを押す操作もします。

C敵を倒すまで待っている。

というような感じを自動化できれば自動狩りらしいものができます。

今回はドロップアイテムを拾う操作は入れません。

入れると複雑になるんで追々ということで。

普段やっていることを思い返してみるだけだから意外と簡単だったでしょうexclamation&question


では、ゴーストリプレイでの設定に取り掛かるに当たって先ほどの分析をみて準備が必要なものを紹介します。


・@とAの途中までに関してはIF(色)だけでできちゃうんでするんるん

・マウス左ボタンを押しっぱなしでモンスターのところまで移動するマクロが必要です。

・攻撃開始は↑のマクロ操作をつくれば勝手にしてくれるけど、スキルを使いたい場合はWやQキーを押すマクロを挿入します。

・敵を倒すまでの時間を12秒くらいと見積もってウエイトを入れます。


ざっとこんな感じでしょうかexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

今回はスタートの町の右のほうから出たところに「緑色の毛が生えた?蜘蛛」がいるんで

そいつをターゲットにしてみます。


その手順を順序化すると

1.狩りをする対象のモンスターが画面内にいる状態で、Alt+PrintScreenをしてアクティブ画面だけのスクリーンショットをとります。撮り終わったら一回ゲームを終了します。

2.ゴーストリプレイを起動して、ツールから色検出ツールを起動します。

  色検出ツールのファイル→クリップボードの画像を表示を選ぶとさっきAlt+PrintScreenで撮ったゲーム画面が表示されます。

3.ゴーストリプレイのアクション編集をする画面をひらいてアクションパレットからIF(色)を登録するところまでいきます。

4.こんどは色検出ツールを前面にして、さっきの画像内にいる蜘蛛の緑色の部分にカーソルを合わせると色検出ツールの方に拡大されて画像が見れます。
  その緑色を登録しましょう。
  ちょうど緑色のところでCtrl+Shift+Tを押します。
  するとIF(色)の方の色の部分が緑色になりましたね?

レッドストーン攻略02.jpg

5.次にスキャン領域の設定を設定します。
  スキャン領域とは指定した範囲内にその色があった場合を検出します。
  今回ここの設定をする理由として、右上のMAP表示に蜘蛛の緑と同じような色を使った色があったためそちらに反応しないようにするためです。
  つまり、MAPの部分は検出する範囲から除外する為の設定です。

  X始点?Y始点?横幅、縦幅?なんのこっちゃ?っておもうでしょう。
  ここの数字に反映した青い枠が画面のどこかに出ていないでしょうか?
  この枠の中からさっきの色を捜すという意味になります。
  この枠はマウスで青い部分をドラッグすれば移動できて、端をつかめば幅を広げられます。
  先ほどのゲーム画面の画像を左上に合わせてください。
  フルスクリーンのゲームはこの状態でゲーム画面だけがドアップになる仕組みなので左上にあわせる
  のがいいでしょう。(下図参照)
  さっきの青い枠も下図の検索領域と書いてある赤い枠の部分にあわせます。

レッドストーン攻略01.jpg


6.IF(色)の詳細設定を押して、カーソルを検出した場所に移動するのチェックボックスに
  チェックを入れます。
  これを入れたことで、さっきの緑色を見つけた場所にカーソルが自動的に移動する設定になります。
  これでIF(色)の設定はOKでしょう。


7.次に別のキーにマウスの左ボタンを押しっぱなしにするという操作を登録します。
  これをすることで、モンスターのところまでキャラクタが移動します。
  移動時間を考えてマウスの左ボタンを押し始めてから2.5秒押しっぱなしにしてその後に離すという操作を登録します。

  アクションパレットのマウス操作>マウスクリックを選んで迷わずOKを押します。
  引き続き、コード制御>ウェイトを選んで、2.5秒にせっていするんで2500ミリ秒にしてOKを押します。

  これで、マウス左ボタンを押して2.5秒押し続けてからボタンを離すという操作の登録が完了です。

  キャラクタが弱いんで戦闘時間をだいたい10秒ちょっとと予測しましたんでその10秒を埋めるために、WやEを押すアクションをアクションパレットのキー操作>キーを押すを選んで登録をします。
  それぞれWを押した後0.7秒まってからEを押してまた0.7秒まつようにウエイト700ミリ秒を追加しました。
  その後10秒攻撃し続けるのを待つウエイト10000ミリ秒を入れて戦闘終了です。

 自分のキャラクタの強さや敵の強さを考慮して戦闘時間を予測してウエイトは各々で決めてください。


レッドストーン攻略Leftアクション.jpg


8.それでは7で作った操作を6で作ったIF条件下で再生させるよう設定します。
  アクションパレットのコード制御>アクション再生を登録し7を登録したキーを指定します。
  今回は例のためLEFTキーに入れましたので、アクション再生はLEFTを指定。

レッドストーン攻略01

9.忘れてはいけないのが6で作ったIFの最後のENDです。
  IFとかWHILEとかFOR,REPEATは1つにつき1つENDを入れてあげないと動作しませんので必ず入れてくださいね。

 そして完成したのがこんな感じのマクロないようです。
 7の操作からすると、アクション再生使った6はとすっきりするでしょう?

 IFからENDまでの間に直接操作を入れてしまうとその操作の時間がENDに影響してしまい
 敵が見つからなかった場合次に探すまでの時間にタイムロスをしてしまうので
 時間的な影響を及ぼさないアクション再生を入れるのを癖付けましょう。

レッドストーン攻略Deleteアクション.jpg 

今回作成したマクロ

7で作ったクリックして攻撃して終わるまで待つというマクロ

GHOSTREPLAY 25
A 01 0102X000001XX000000
A 07 06C409XXXX00
14 01 0202X000001XX000000
33 00 000100000100110057XX000000
52 00 01010000010011C057XX000000
52 07 06BC02XXXX00
71 00 000100000100120045XX000000
90 00 01010000010012C045XX000000
90 07 06BC02XXXX00
90 07 061027XXXX00


6でつくったIF アクション再生 END というマクロ(これを使うときは↑のマクロをLEFTに入れてねドキドキ)

GHOSTREPLAY 25
0 07 05160033003F026B0129615A05010008X
0 07 0C00190001XXX000000
0 07 03XXXX000000 


以上!レッドストーンの狩りマクロ攻略できあがりー
posted by メタルスライム at 2008年06月05日 | レッドストーン攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。